ヤークトボンバー
(第2回ふりーむ!ゲームコンテスト「優秀賞」受賞作品)

ふりーむ!より頂いた受賞バナー画像(ファイル名変更+画像形式GIF→PNGに変更)
「ダウンロード」という名のプロパガンダを流し、あなた様のパソコン上に素晴らしきナチスドイツを建国するのであります!

目次

概要

ヒトラー、ゲッベルス、リッベントロップ、シュペーア、ロンメルの5人を筆頭に、ドイツ第三帝国が活躍する、簡易戦略パート付きの異色なテトリスです。

「PKプロパガンダβ」発動!
ゲッベルスの「PKプロパガンダβ」が発動!

戦略画面で「内政」や「外交」、「技術」、「軍事」といったステータスを強化し、戦闘では1人用のテトリスモードになります。ラインを揃えて敵軍のHPにダメージを与えることが基本となりますが、ロンメルのPKブリッツ(=電撃戦)を始めとするPSI(超能力)をもちいて戦況を有利な方向に進めていくこともできます。簡単に言うと、SFCの「テトリスバトル外伝」に国家の育成要素が加わったようなイメージです。

本ゲームのストーリーは、誰が何と言おうとジョークであり、史実のパロディーネタであり、フィクションです。ナチスドイツのネタに対して敏感な欧米人の方や、原爆に関するジョークを不謹慎だとして受け入れたくない方、および政治思想的に見て極右、極左に該当するような方にとっては内容が過激すぎますのでプレイされないことをおすすめします。

シナリオ本編はWW2(第二次世界大戦)の「ポーランド侵攻」からスタートしますが、史実では敗戦国となったドイツとは裏腹に、その領土を恐るべき勢いで拡張していきます。そして終盤では…。

BGMとして主にドイツ軍歌の編曲版を採用しているほか、WW2当時のパブリックドメイン(=著作権切れ)の写真を素材としてふんだんに使用しているため、ネタが分かる方にはさらに楽しんでいただけることかと思います。

ちなみに、ニコニコ動画にて、フレンさんの手により「ヤークトボンバーのプレイ動画」が投稿されています。この動画を見ていただければ、いかにこのゲームが不謹慎であるかを理解することができるでしょう(爆)

ダウンロード

解凍するだけでプレイ可能な状態になっていますので、導入時のインストール作業や、削除時のアンインストール作業は一切不要です。

「ヤークトボンバー」のダウンロードページ (ふりーむ!)
「ヤークトボンバー」のダウンロードページ (ふりーむ!)

ソースコード (C/C++) の公開

情報公開の観点から、「ヤークトボンバー」のソースコードを公開します。個人的な範囲での使用、解析、改造等は構いませんが、「著作権」の観点から再利用・再配布 (改造したものを公開するなど) は厳禁としますのでご了承願います。

例外として、同梱ファイル中の "doremi" で始まるファイル名のソースコードに関しては、再利用・再配布は特に制限しません (注:一定の条件は付きます)。これらのソースコードは J.S.BUFFER が独自に開発したゲーム用の関数ライブラリーで、詳細はゲーム用ライブラリー「ドレミッション♯」のページで説明しています。

テトリス中に発動可能な PSI (超能力)

PSI(超能力)は、戦闘中にラインを揃えると増えていくPP(サイコポイント)を消費することにより、テトリスを有利に進めていくための「技(魔法)」のようなものです。例えば、以下のスクリーンショットは「PKプロパガンダγ」を発動し、フィールド下部にある8ラインを消して下げようとしている瞬間です(ここまで滅茶苦茶に積むことはまずないでしょうが)。ここでは、ヤークトボンバーで使用することのできるすべてのPSIについて、効率良く使用するための要点を解説します。これらのテクニックを、難敵の攻略のためにご活用下さい。

「PKプロパガンダγ」発動!
隙間だらけに積み上げてしまったら「PKプロパガンダγ」!

PKホロコーストα(消費6)

最初から唯一使えるPSIです。「フィールドの下1ラインを埋め、次のブロックの落下と同時に揃えたことにする」というごく地味なPSIではありますが、実はαに限っては序盤から終盤まで役に立つ汎用的なPSIです。

PKホロコーストβ(消費22)/γ(消費45)/Ω(消費72)

PKホロコースト系の上位版です。βは2ライン、γは3ライン、Ωは4ライン固めることができます。単体で発動したときに与えられるダメージとPP回復量が2乗のオーダーで増えていくため、消費のほうもそれに準じてかなり高めに設定されています。

PKプロパガンダα(消費8)/β(消費15)/γ(消費28)/Ω(消費52)

フィールドの下部にあるブロックを消し、フィールドの回復を図るPSIです。αは2ライン、βは4ライン、γは8ライン、Ωは16ライン分のブロックを消去し、高さを下げます。

圧迫外交(消費20)

フィールド上に確定されているすべてのブロックを左寄せにする、攻守一体のPSIです。NEXTに縦棒があるときに発動すると簡単に4ライン同時消しを狙うことができます。

最後通牒(消費80)

NEXTに対して縦棒を8つスタックします(もともと縦棒がある場合にはそれに加算されます)。圧迫外交と組み合わせるなどして、4ライン同時消しを連続できる状況を作り上げてから発動すれば恐るべき攻撃力と回復力を発揮する最強のPSIです。そのため全PSI中消費PPも最高に設定されています。

廃墟価値の理論(消費10)

8回ブロックが落ちるまでの間、ブロック(テトリミノ)が完全に落下しきった状態でも、「↓」を押すまでは確定されることなく動かし続けることができる防御系のPSIです。ブロック(テトリミノ)の落下速度が早くなってきて、積み方を考える暇がなくなってきた状況で発動すると効果的です。

アーキテクト(消費30)

8回ブロックが落ちるまでの間、ブロック(テトリミノ)の通常の落下速度をゼロにします。加えて、ブロック(テトリミノ)の出現位置などが半ブロック分上になります。すなわち、「↓」を押して高速ドロップを行わない限りはずっとそのままの高さを維持してくれる、まさにチートとも呼べる恐るべき防御系PSIです。

PKブリッツα(消費16)/Σ(消費32)/β(消費32)/Ω(消費64)

αとβは1回、ΣとΩは8回ブロックが落ちるまでの間、ラインを消したときに敵に与えるダメージとPP増加量が2倍(βとΩは4倍)になります。テトリスの技量が高い「鬼」のような人ほど恐るべき威力を発揮してくれる「金棒」のようなPSI(しかもPP回復も可能)ですが、3ライン以上の同時消しができる状況を作ること自体が難しいと感じられる方にとってはあまり役に立たないかもしれません。

戦略指南

戦争系のシミュレーションゲームにおいては、戦術級・戦略級のどちらであっても最も重要視されるべきパラメーターが存在します。それは、自軍の活動に必要な「資金」や「資源」、「食料」などといったリソースです。いくら軍隊の規模や大きく、質が良かろうと、リソースがなければまったく活動できませんし、富国強兵戦略の実施もできません。ガダルカナルの戦いで日本軍がまったく補給を受けることができずに餓死者が続出した例など、悪い見本は現実の戦争においても見られます。

ヤークトボンバーにおいても、このリソースは「富国強兵」を行う意味で重要です。すなわち、資金力がなければいつまでたっても戦略ステータスは弱いままです。

以下のスクリーンショットを見てください。一度プレイされた方にとって見れば、「1943年秋」という時期にしては戦略ステータスが恐ろしく高すぎる、という印象を受けるかもしれません。ちなみに「治安維持」コマンドは一切使用していません。この強さは、果たしてどこから来ているのでしょうか?

外交最優先プレイ (治安維持未使用)
戦勝時の多額の賠償金で富国強兵を図るのだ!

答えは簡単です。「外交」を極端に重要視したプレイを行ったためです。

「外交」は、説明書にも書いてあるように、賠償金収入に「大きく」影響するステータスです。すなわち、戦闘で得た資金の大部分を「外交」に投資することによって、大量の賠償金収入が得られるので、その分戦略ステータスに投資できる金額が増加するのです。ここで得た大量の金額をさらに「外交」に対してつぎ込めば、次の戦闘で得られる賠償金収入はさらに多くなり、またまた「外交」に大量につぎ込むことができる…といった戦争による経済成長が発生してしまうのです。人類という恐ろしい生き物はこれが病みつきになって仕方なかったので、これまでの歴史で何度も戦争を繰り返し、領土を拡張してきたのです(爆)

テトリス初心者・中級者向けの外交プレイ

とは言え、「外交」ばかりにつぎ込んでいては他のパラメーターが弱すぎるままなので、敵のHPが恐ろしく高くなったり、PSIがまったく使えない、といいことはありません。そこで、外交につぎ込むのもほどほどにしつつ、他のステータスも強化していきましょう。

具体的には、「他の3つの戦略ステータスの平均値に対して、外交を○ポイント(あるいは○%)分高い状態を目安にする」、など、各自のテトリスの腕前に合わせた外交重視プレイを展開することです。

外交さえ重視していれば、残りのステータスについてはバランスよく上げていくのも良いでしょうし、各自の好みにあわせて外交の次に重視するステータスを設定しても良いでしょう。

このように各自のテトリスの腕前に合わせた最適戦略を考えながらプレイすれば、おそらく「治安維持」コマンドにお世話になる回数が少なめになるか、あるいはゼロで済むようになるでしょう。

テトリス上級者向けの外交プレイ(2週目以降推奨)

テトリス上級者の方は、以下に示すような「外交最優先プレイ」に挑戦してみるのも良いでしょう。ただし、危険なプレイであるため2週目以降ので実行を推奨します。

裏技と攻略

本ゲームはテトリスが苦手な方のために「治安維持」コマンドからレジスタンス戦をとおしてレベル上げ作業をできるようにしていますが、HPの高い敵に対しては苦戦するかもしれません。しかし、PSIのコンボを工夫すればHPが高い敵に簡単に勝つことも可能です。例えば、以下のスクリーンショットは8ライン同時消しができる状況までブロックを積み上げたうえで「PKホロコーストΩ」、「PKブリッツΩ」、「最後通牒」に順にPSIを発動した後のものです。この状況で現在落下中の縦棒を落とし込めば25600のダメージを与えられるので、後半戦のHPが高いレジスタンスでも一撃で倒すことができてしまいます!

「PKホロコーストΩ」+「PKブリッツΩ」+「最後通牒」
PSI のコンボを決めてレジスタンス共を粉砕するのだ!

ラスボスおよび隠しボス以外の強敵については、各PSIの要点やコンボを工夫することで簡単に倒せるはずですので、前項の「テトリス中に発動できるPSI(超能力)」を参照し、戦術を練って下さい。

本項では、強敵でありながらも、かつ使用することのできるPSIに制限がかかるラスボスと隠しボスの攻略法を伝授したいと思います。また、このホームページをご覧になっておられることに対する特典として、クリアー後のセーブデータで戦うことができる隠しボスの出し方についても教えてしまいたいと思います(説明書のには仄めかす程度の記述がありますが、出し方の詳細を書き加えるつもりはありません)。

ラスボスの攻略

ラスボス戦では、シュペーアとロンメルのPSI(廃墟価値、アーキテクト、ブリッツ)を使うことができなくなります。まずは基本中の基本ですが、どうしても勝てないということであれば、全ステータスのレベルを255にまで上げてみて下さい。実際はここまで上げなくても勝てます(よほど外交に偏重した投資を行わない限り、本来ならばHPが20万以上はあるはずなので、できればラスボスと同程度かそれ以下のレベルで挑戦し勝っていただきたいと作者は考えています)が、ここでは「どうしても勝てない」とおっしゃる方のために、全ステータスのレベルを255にまで上げたものとして解説を行います。

隠しボスの出し方と攻略

隠しボスの出現条件は、ずばり「クリアーしたセーブデータにおいて、ラスボス戦でわざと負ける」ことです。ただし、「わざと」の意味を強調するため、200以上のダメージを与えてしまうと出現しないようになっています。ここは余計なことは一切せずに、最終章のステージが始まったら「↓」を押しっぱなしにしてわざとゲームオーバーになって下さい。